建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

ブログ

2019技能実習生のご紹介

ブログ

昨年に続き、今年も、フィリピン出身の3名の技能実習生がリノ・ハピアに仲間入りしました!

陽気でまじめ、いつも笑顔の3人です。

DSCF1604

DSCF1606

 

現在、神奈川県内の現場で防水作業の実習中です。

DSC_0074DSC_0072DSC_0070

DSC_0140 (1)DSC_0141 (1)

RIMG0646RIMG0648RIMG0649

 

「飲み込みが早い」と指導する職人さん達の間で、評価は上々です。
現場では日本語と英語でコミュニケーションをとります。覚えたての日本語で、物怖じすることなく積極的に話しかけてくる3人の姿勢に、現場代理人はじめ皆が刺激されています。
実習生のランチは手作りのお弁当です。お弁当箱の中は、故郷の味フィリピン料理。現場の仲間にフィリピン料理を紹介したり、休憩時間も楽しく過ごしています。
実習生の技能も日本語も日々上達し、日本人スタッフの英語も日々上達中(?!)です。

イタリア語豆知識(レスタウロ-restauro-)

ブログ

レスタウロ-restauro-という言葉をご存知ですか?

一般に、芸術作品等の「修復」をイタリア語で「レスタウロ」と言います。レオナルド・ダ・ヴィンチの壁画の修復も、ミケランジェロの彫刻の修復も、ルネサンス期の教会や、古代ローマの遺跡の修復も、全て「レスタウロ」です。この言葉は旧い建物に対しても用いられ、「歴史的な価値を損なわない建物の修復・再生」を意味します。

トレビの泉

トレヴィの泉のレスタウロ ROMA1990

イタリアでは、世界遺産に登録されている町や都市の歴史的地区などでは、一般に建物の外観を変えることは禁止されており、かわりに内部は快適に居住できるよう近代的に変更することができるそうです。中世のごつごつした石造りの建物の中に入ると、快適で明るくモダンな部屋が現れて驚いたりします。

ローマやフィレンツェの街の中心部を歩くと、必ずと言って良い程、修復中の建物を見かけます。観光客への配慮からか、足場を覆うメッシュシート等に修復中の建物が描かれていることもあり、微笑ましい気持ちになったりもします。

トリニタ・ディ・モンティ教会前オベリスク

スペイン階段上 トリニタ・ディ・モンティ教会前のオベリスクのレスタウロ ROMA2008

ナヴォナ広場に面する建物

ナヴォナ広場に面する建物のレスタウロ ROMA2008

大規模修繕中は、足場やシートに覆われて何かとご不便も多いと思います。そんな時、世界中の旧い街並みがこのようにして守られ、未来に引き継がれて行くことを想像してみて下さい。少しでもストレスが解消されると嬉しいです。

「私のマンションもレスタウロ中!」

 

 

新年あけましておめでとうございます

ブログ

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年、リノ・ハピアは1月9日が新年の仕事始めとなりました。9日朝、長めの休暇でリフレッシュした社員達が、本社に、支店に、そしてそれぞれの担当現場に顔を揃えました。

神奈川支店では、昨年末に数件の工事が完成し、年越しをした工事は2件でした。

横浜市戸塚区の現場では、都合により1月4日から仕事を始めており、9日は既に通常作業でした。一方、横浜市神奈川区の現場では、職人さんの作業が10日からだったので、初日は現場監督や事務員だけで静かに翌日からの作業の準備を行いました。

DSCF1358DSCF1357

9日 静かな仕事始めです              10日 今年の作業が始まりました

 

新年すぐに着工した工事もあります。

横浜市都筑区の団地の貯水槽改修工事は、1月15日着工しました。

DSCN9418DSCN9420DSCN9422DSCN9424

15日 現場事務所作っています → → → → → → → → → → 現場事務所できました

 

今年も「安全第一」に工事を行ってまいります!

 

 

 

釣りバカ新聞はじめました

ブログ

こんにちは、神奈川支店です。

今回は現場で取り組んでいる事をご紹介します。

各現場の担当者は、改修中の建物にお住いのお客様へ対し、工事以外にも様々な事を取り組んでいます。ある担当者の現場では晩御飯の献立に役立つ様レシピを掲示したり、クリスマス会を開催したりなど、お住いのお客様に少しでも喜んで頂けるよう試行錯誤しています。

今回の現場は、横浜市の海沿いにある団地で、屋上からは東京湾を眺めることができ、近くには釣り公園があります。この海が近いという立地を生かして何かできないか考慮した結果、海釣りに関する新聞、その名も「釣りバカ新聞」を作成し工事用の掲示板に掲示してみることにしました。月一回のペースですが、その月に近くの海で手軽に釣れる魚、またその魚を使った料理レシピを掲載しています。

 

釣り新聞(4月号)_01

釣り新聞(5月号)_01

 

釣り新聞(6月号)_01

この新聞に対する反響はまだわずかではありますが、場内巡回中に、お客様から「毎月読んでるわよ」「釣り始めてみたい」など声をかけて頂けるようになりました。そういった立ち話しの中で、工事で今気になっている事や工事に対するちょっとした要望など、お客様とのコミュニケーションの中で教えて頂けるようになりました。

改修工事ではお客様とのコミュニケーションが重要だと考えています。この新聞を通して、お客様との距離が少しでも縮まり、弊社のキャッチコピーである「建物を元気に、人を笑顔にする」を体現できるよう頑張りたいです。

年の瀬を迎えて

ブログ

こんにちは、今年も残すところ僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

神奈川支店では、この春着工した2件の大規模修繕工事が終わり、ほっとした雰囲気の年の瀬です。入社してすぐ工事現場に配置された二人の新人も、着工から竣工まで現場で経験して帰ってきました。年の瀬を迎えて、初めて社会に出た二人に仕事の感想と反省とこれからの決意を聞いてみました。

komine-01(コンフォール城山の丘他1団地 配置)

初めて配置された現場は比較的大きな現場であり、棟数や居住者も多く漠然とした不安を抱えていました。

基本は事務作業なので現場事務所にいることがほとんどなのですが、工事が始まると居住者の方への工事のお知らせや、居住者の方からの問い合わせ対応に追われる日々で気づくとあっという間に1日が終わってしまうという感覚でした。

限られた時間の中でいかに効率よくやるべきことをクリアできるか、毎日の段取りが社会人にとってとても大切なことなのだと理解しました。

不慣れなことが多く、戸惑うこともありました。しかし、工事が終わり居住者の方からお礼のお手紙をいただいたときは、喜んでくださる方の存在を実感できたので今後の励みになりました。

次の現場でも、居住者の方に喜んでもらえるよう学んだことは活かして、元気に仕事をするよう努めます!

%e4%bb%b2%e7%94%ba%e5%8f%b02%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c%e4%bb%b2%e7%94%ba%e5%8f%b02%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d9%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d9%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c

hata-01(金沢ST並木二丁目団地 配置)

初めて配置された現場は、大きな団地で棟数も10棟と聞いて、初めは不安で自分に出来るか心配でした。

工事に協力してくださる業者さんもたくさんいらっしゃり、初めて会う方や、初めてする作業、初めて聞く建築用語、とにかく初めてづくしでしたが7ヶ月間の工事を終える事が出来ました。

社会人1年目で仕事はもちろん、社会人として基本的な事もあまり出来ていませんでしたが、職場の先輩達の丁寧な指導を受けて、人としても成長できた気がします。

居住者の方への対応、電話対応で戸惑うことが多々あり、初めは相手に「伝える」という事がうまくできませんでしたが、回数を追うごとにうまく伝えられるようになり、1つの仕事が出来た時の楽しさと、仕事のやりがいを感じる事が出来ました。

工事が完了し、お客様から感謝された時は達成感がありました。

初めての現場で先輩達から助けられ、たくさんのことを教わったので、次は自分1人でも出来るよう努力し、もっとお客様から感謝されるよう頑張ろうと思いました。

7-6%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d7-6%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c7-5%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d7-5%e5%8f%b7%e6%a3%9f%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c

 

施工方法の紹介~外壁の欠損、こうして直しています!~

ブログ

こんにちは 神奈川支店です

建物の大規模修繕には、調査・診断に始まり、仮設工事、下地補修工事、剥落防止工事、塗装工事、防水工事・・・etc.と様々なメニューがあります。

今日は、メッシュシートで覆われた秘密の工事(?)の中から、一般的な欠損爆裂補修の方法をご紹介します。

image10 施工前 : 壁に大きな欠損爆裂が見えます

image11 斫り : 内部鉄筋腐食の為浮いたコンクリート等を落とす作業です

image12 ケレン・清掃 : 鉄筋の錆を落とし欠損爆裂部をきれいにします

image13 水湿し : 後程充填するモルタルが馴染むよう水で湿します

image14 メンテペースト塗布 : 錆止め兼モルタルの接着剤を塗ります

image15 RLモルタル充填 : 欠損爆裂部をモルタルで埋めます

image16 モルタル仕上げ : モルタルを平らにします

image17 メンテペースト塗布 : 仕上にもう一度メンテペーストを塗ります

image18 施工後 : 壁の凹凸がなくなりました

今回ご紹介したのは、下地補修の一例です。下地補修にも、欠損爆裂の大きさや材料等により様々な方法があります。お客様の御要望に沿い、最善の方法で、一箇所一箇所丁寧に補修しています。

『セイフティブロック』ご紹介

ブログ

こんにちは、神奈川支店です。

今日は横浜市緑区の現場から、現場で使用している『セイフティブロック』をご紹介します。

セイフティブロックには、「ワイヤー式」と「ストラップ式」があります。今回、現場で使用しているのは「ワイヤー式」です。

FB1

???どの様な所に設置するの???

今回の現場では、「タラップ」の昇降時に使用しています。

「タラップ」とは、建物の屋上や屋根への昇降や、特殊な場所に設けられたメンテナンススペースへの出入りの為に設置される金属製の「はしご」です。○○タラップ、□□ステップ等と言います。

タラップを登らなくては行けない作業箇所が2箇所あり、苦労しています。

FB2

???何の為に設置するの???

墜落防止の為に設置します。

墜落により高速でワイヤーが送出されると「ロック機能」が作動し、墜落を防止します。経験したことも、見たこともありませんが、墜落した人は宙吊りになってしまうんでしょうね・・怖いですね・・

安全の為に、日常の点検を心掛け異常があれば即交換、なおかつ正しい使用方法が絶対です!

セイフティブロックだけでは墜落の防止にはなりません。安全帯の使用が必要です。その他、保護帽、手袋、安全靴も現場での必須アイテムです。

セイフティブロックのお世話にならないように、日頃から安全に対する「意識」を持ちましょう!

 

現場から見える「世界遺産」です!!

FB3

洋光台中央団地イルミネーション

ブログ

こんにちは 神奈川支店です

今年も残りわずか、クリスマスも近づいてきました

現在大規模修繕工事中の横浜・洋光台中央団地では、

サンモール洋光台商店街様のイルミネーションがとてもきれいです

1日の作業を終えてイルミネーションを見ながらほっと一息の毎日です

私達も、「建物を元気に人を笑顔に」できるよう頑張ります

IMG_0007 IMG_0002