建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

タイル貼りGNSピンネット工法

タイル貼り用GNSピンネット工法

建築物の外壁補修技術「GNSピンネット工法」は鉄筋コンクリ―ト構造及び鉄骨鉄筋コンクリ―ト構造の建築物における外壁等の既存仕上げの上に、新たにネット補強下地層を構築して、タイルやモルタル等既存仕上材の落下を防止する補修工法であることが証明されました。

GNSタイル張りピンネット工法

タイル貼り用GNSピンネット工法の特長

  • 廃材の減少

    既存仕上材の上から施工するため、従来の工法より廃棄物を最小限に留めることが出来ます。

  • 不陸調整の有無

    GNSピンネット工法は、GN層でタイル下地調整ができるため不陸調整の必要がありません。

  • アフターサービス

    タイル張り用GNSピンネット工法では施工箇所について、剥離・剥落の10年間の保証をいたします。

  • 施工工程の削減

    タイル張り用GNSピンネット工法では、タイルはつり作業が発生しません。施工工程の削減により、コストの削減を実現します。

    施工工程の削減

施工手順

施工手順

施工断面図

施工断面図