建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

建物を元気に、人を元気にするリノ・ハピア株式会社

ブログ

古き良き景観と新しいデザイン

ブログ

こんにちは、営業二部です。

 

先日、公募中の大規模修繕工事の事前調査を兼ね、某団地の現況を見てきました。

管理開始より半世紀を経て、落ち着いた雰囲気の景観を作っています。

UR団地

 

一方で、新たなデザインによる団地施設の建設が着々と進められていました。

デザイン施設

 

 

今回の公募対象工事はその周辺住棟の修繕と改修で、

随所に時代のニーズ合わせた設計がされています。

 

現地をみて、UR都市再生機構は古き良き景観と新しいデザインが調和した

一体感の有る団地造りを目指しているように感じました。

 

時代の要請にあった修繕や改修のあり方は、刻々と変わっていきます。

私たち施工者も立ち遅れること無く、

常日頃から先を見た仕事をするよう心がけていきたいものです。

団地の顔の変化

ブログ

こんにちは、営業二部です。

先日、URプロムナード東伏見の外壁修繕工事を受注しました。
この団地の住棟玄関周りは、緑豊かな環境と調和し、落ち着いた景観を造っています。
今回の修繕工事で益々磨きがかかればと思います。

建物の顔である玄関・エントランスの設えも時代と共に変わってきているようです。

最近は、昭和40年代に管理開始した中層住宅の共用階段1階周りも限られたスペースですが、
色々と工夫を凝らしたものが見受けられる様になってきました。

 

ブログ_画像

<パークタウン東伏見エントランス回り>                   <中層階段室1階玄関回り>

 

時代とともに変化する居住者ニーズを的確に捉え、
魅力ある住まいを提供しようとする発注者の意図を感じます。

私たちも施工者として出来る限りのお手伝いをしたいものです。